FXの逆指値って何?一見損に見えるが実はとても役に立つ

今より低いレートで売買?リスクヘッジになる逆指値。一見不利だが役に立つ!

各FX会社では、指値注文・成行注文をベースにしてさまざまな注文方法を用意しています。

そのなかで、ぜひ利用していただきたいのが逆指値注文です。

指値注文では、買い注文なら現在の為替レートより下、売り注文なら上を指定しました。

逆指値注文はこの「逆」ですから、現在の為替レートより上で買い、下で売りという具合に、不利な条件を指定する注文なのです。

一見損なようですが、実はとても役に立つのです。

たとえば約定後、買った価格より少し下がったところに逆指値の売り注文をしておけば、その後もし為替レートがずるずる下がったとしても途中で売ってくれるので、そのまま持ち続けるより損失が減るでしょう。

逆に、約定後多少値上がりしてから、買った価格より上に逆指値の売り注文をしておけば、その後に下落してもある程度の利益を確保できます。

また、いわゆるレンジ相場の上側に逆指値の買い注文をしておけば、実際に上に抜け出したタイミングで売買できます。